J-Tube大学

J-Tube大学(通称セカ100)

J-Tube大学「5次元教室」

世界を変える100人の日本人図鑑

世界を変える100人の日本人図鑑


100人のスペシャル・レクチャーを無料で学べるサイトに育てていきます。
ひすいこたろう、僕の高校生の息子は学校の宿題はやらず、YouTubeばかり見ています。
お風呂にも携帯電話を持ち込み、平気で5時間もYouTubeを見ていたりします。
そんなにYouTubeを見るなら、YouTubeを見るだけで、
人生で大切なことが面白く学べるユニバース(大学)をつくちゃおうじゃないか、と
「J-Tube 大学~5次元教室~」を立ち上げました。
そんなにYouTubeを見るなら、YouTubeを見るだけで、人生で大切なことが面白く学べるユニバース(大学)をつくちゃおうじゃないか、と「J-Tube 大学~5次元教室~」を立ち上げました。
この星をハッピーにする叡智をここに集結します!
これはすごいと思えた、経営者、作家、料理人、コンサルタント、心理学者、音 楽家、デザイナー、ダンサー、
そしてスピリチュアルなど、さまざまな分野の100人のプロフェッショナルたちに登場いただき、
最高のレクチャー(宇宙一受けたい授業)を無料でお届けしていきます。
この星をハッピーにする叡智をここに集結します!これはすごいと思えた、経営者、作家、料理人、コンサルタント、心理学者、音 楽家、デザイナー、ダンサー、そしてスピリチュアルなど、さまざまな分野の100人のプロフェッショナルたちに登場いただき、最高のレクチャー(宇宙一受けたい授業)を無料でお届けしていきます。

J-tube大学は、この星の『ドラえもん』になることを目指しています。
4次元ポケットから、未来の道具を取りしてみんなをハッピーにする『ドラえもん』のように100年後の未来の日本人が当たり前に身につけているハッピーな感性、叡智をいち早く先取りしてプレゼントしたい。
そして、あわゆくば『ドラえもん』を超えたい、そんな思いを込めての「5次元教室」です』(笑)

ここで一緒に学んで、史上最高の未来を迎えにいきましょう。

「J-tube大学 世界を変える100人の日本人図鑑(通称セカ100)」は、オンラインサロン『ひすいユニバ』の収益で運営し100人になるまで更新し続けます。100人目指して、コツコツ更新していきますので、お楽しみに。
応援いただける方は、ぜひ『ひすいユニバ』の方にも合流くださいな。

さっそくJ-Tube大学「5次元教室」を見てみよう!


講師 01

ジュンアマント

縄文時代はなぜ1万年も平和が続いたのか?
映画『縄文』の主人公でありダンサーが語る縄文の感性

今、この瞬間、世界20カ国以上で紛争、内戦、戦争が行われています。過去どの時代を切り取ってもどこかで戦争は行われているのです。しかし、日本列島には、なんと、平和が1万年も続いた時代があります。それが縄文時代です。縄文時代は、争って亡くなった人骨がほぼ出ていないのです。ミラクルピース(奇跡の平和)と呼ばれた1万年も平和が続いた社会が、この日本列島にはあったのです。
なぜ縄文時代は、平和だったのか?
その和の源流を紐解くことこそ、令和の時代に必須の僕らのミッションです。

今回登場いただく、ジュンアマントさんは、もともとはダンサーとして古来日本人の体の使い方の研究をきっかけに縄文と出逢い、縄文を深める中で、映画『縄文』の主役にも抜擢。まさに現代に生きるネオ縄文人と言ってジュンさんに、縄文時代の感性に迫りました。

日本列島だけではなく、縄文ラインと言える、アラスカインディア、マヤ、ネイティブアメリカ、ハワイなど、環太平洋エリアの原住民の共通点は、女子は腰巻で、男はふんどしで、体の真ん中に軸がなく、真ん中に何もないのが縄文なんだそう。環太平洋の縄文ラインの原住民の人たちは「真ん中が透明なほど偉い文化」なのだそうです。
そして「縄文人は命は空間にあることを知っていた」という話や、「結果を動機としない生き方」「生命エネルギーを循環させる徳」「心の断捨離」など興味深い話がゾクゾクと語られます。
「しあわせ」の語源として「しあわせとは、なしあわせ(為し合わせ)」だと言われますが、お互いに必要なことを「為し合わせ」していたから縄文はそもそも争う必要がなかったのです。

とはいえ、昔は素晴らしかったで終わらせる話ではありません。僕ら日本人は、文明と縄文をミックスさせて縄文をアップデイトさせた縄文2.0(ネオ縄文)を模索し、平和の雛形を作っていく必要があります。

まずは最後まで見て欲しい。あなたの中のDNAに刻まれている縄文の感性が目覚める60分になることでしょう。めっちゃ面白いよ。

プロフィール

幼少より武道武術を嗜みスタントマン、大道芸人を経てパフォーマーに…。環太平洋の身体感から傾舞(かぶくまい)を創始。そこから生まれた独自のコンセプトEART(天然芸術)を使い願望達成から必然達成の時代を提唱。空家再生パフォーマンスなどで通りすがりの人1127人を巻き込み「Salon de AManTo 天人」スタート。現在、大阪中崎町を拠点に地域活性化を成功、天人グループとして14店舗を運営、アートエコビレッジ「Area AManTo」と呼ばれる。被災地支援や国際交流、国内難民の受け入れなど天然芸術家として仕事とボランティアを分けないライフスタイル「天人」を世界に文化発信している
http://amanto.jp

講師 02

杉浦誠司

“メッセー字”が大人気で、学校から講演依頼が殺到する
杉浦誠司の夢の見つけ方、叶え方、愛し方

「ありがとう」と書いて「夢」

「あす」と書いて「夢」

写真にあるように、「ありがとう」と書いて「夢」という字になったり、「あす」と書いて「夢」という字になる。そんな「メッセー字」なるものを書くことを仕事にされて、文字職人として大活躍されている杉浦誠司さんは、学校講演で全国を飛び回る人気者。その杉浦さんはどんな人なのか?ひすいと大嶋啓介さんの共著『予祝ドリームノート』に杉浦さんにコラムを書いていただいてるので、そこより引用させていただきます。

プロフィール

公私共に苦難の時、”夢”という漢字と”ありがとう”という平仮名が夢でフラッシュバックし、これを組み合わせて作った代表作「夢・ありがとう」が生まれる。その文字は見るだけで元気が出る!とあっという間に口コミで広がる。2007年から全国各地で個展を開催。2008年には著書「夢・ありがとう」、2016年に「負けないで」を刊行。2013年にはカンボジア芸術文化祭にてパフォーマンス。2016年にはニューヨークジャパンデー10周年記念にてパフォーマンスを披露。現在では多数のメディアに出演や企業、学校関係での講演活動を精力的に行っている。

僕は文字の力を信じ、文字の力で人を元気にする「メッセー字」なるものを書く文字職人として10年以上活動させてもらっています。
きっかけになったのは、起業した会社の倒産です。30歳を目前に、お金も信頼もすべて失った僕は絶望の中にいました。
そんなときに、師と仰ぐ人に、思わずグチと泣き言を言ってしまったのですが、すると、師匠がこう言ったのです。
「お前は、感謝してないからそうなってるんだよ」
その言葉に、ムッときた僕を見て師匠は笑い始めました。
「お前のは感謝ではない。何かをしてもらって初めて、ありがとう。何かしていただいて初めてお返し。全部、何かをしてもらってからじゃないか。それは感謝じゃなくて、お礼って言うんだ。
本当の感謝は当たり前のことに手を合わせることなんだよ。
お前には仲間がいる。支えてくれる人がいる。それに何より、お前は生きている。そういう当たり前のことに、ありがとうと言ったことはあるか?
もっと言おう。お前のいま、置かれている苦難に手を合わせられたら、それが真の感謝だな」

師匠の言葉が、絶望の中にいた僕の心にストンと落ちました。

師匠にこうも言われました。
「お前、幸せだな。その苦難を全部メモしておいたほうがいいぞ。いいネタになるぞ。その悩みはいつか人を動かすネタになる。その苦難はお前だけの宝物や。お前がいらないんなら俺にくれないか?」
捨てられるものなら、すぐに捨てたかった苦難。でも、師匠から「俺にくれないか?」と言われたとき、思わず、「イヤです」と言った自分がいました(笑)
師匠の言葉は、10年経ってその通りになりました。そのネタをもとに、『夢ありがとう』(サンマーク出版)、『負けないで』(アスコム)という2冊の本を出版することができたのです。死にたいとさえ思った、自分の悩みは誰かを救う宝になりました。
このとき言われた言葉がきっかけになり、身の回りにいてくれる大切な人たちに感謝の思いを伝えていきたいって強く思いました。でも、どうやって?
それが僕にとっては文字職人という形になったのです。

出典『予祝ドリームノート』ひすいこたろう+大嶋啓介

出典『予祝ドリームノート』
ひすいこたろう+大嶋啓介

そんな文字職人、杉浦誠司さんに、今回は、夢の見つけ方、叶え方、愛し方を語ってもらいました。元々は夢がなかったという杉浦さんがどうやって夢を見つけだし、叶えてきたのか。これがまた爆笑の渦で、笑いながら楽しんでごらんいただけます。
また別に『杉浦誠司の宇宙一受けたい国語の授業』も収録する予定です。それもお楽しみに。